Back Home

数学科教育法W
公式ホームページ
後期 木 3 限:平井
2017年度 version

試験情報2018.1.18更新 評価方法 小テスト レポート情報2018.1.11更新
試験データ 電子教材 勉強部屋 科目紹介

三角定規45° 三角定規60°30° コンパス トランプリボンスプレッド

三角定規コンパス は常備して下さい。
予告なく トランプ を使うこともあります。

講義教室5402
常駐場所非常勤講師控え室 (本館 1階 奥)

大産大 学生用メールフォーム

line

定期試験情報

試験日・試験教室等は 教務課 からの告知を参照のこと。

定規・コンパスを忘れずに!
試験時間 60 分
持ち込み 不可(定規・コンパス必携)
試験範囲 後期講義内容 のすべてと基礎学力を問う問題
傾向と対策

間接証明法 10 〜 15点
立方体関連 20 〜 25点
一筆書き関連 5 〜 10点
数学教育史関連 10 〜 15点
和算関連 25 〜 30点
発展・応用・その他 10 〜 15点
合計 100点

  • 次のキーワードを手がかりに理解の確認を行うこと。

    キーワード: 間接証明法(背理法・対偶法・転換法・同一法),
    立方体研究・切り口・切断・展開図,
    一筆書き
    ※ いずれも発展応用を含む
    和算については
    • 用語・書名・人名等は漢字で書けて読めること
    • 和算の流儀は必出
    • 和算の精神を理解すること
    • 代表的な和算書の書名・著者名を漢字で書けて読めること
    数学教育史についてはレポートの充実が生命線!

あとはちゃんと試験勉強すること

受験心得

できれば合格、できなかったら不合格!!

line

評価方法

就職内定や私的諸事情などは評価には 一切無関係です。

Page Top


出席規定

出席率規定は単位取得権利獲得のための一条件です。 「出席点」はありません。

遅刻欠席常習の先生にならないように!

Page Top

line

小テスト

教員としての学力診断を目的とする小テストです。
定期試験の試験範囲にも入ります。

  • 授業中に実施します。
  • 実施日及び実施回数は未定です。
  • 出題内容は授業または当ホームページで告知します。
  • 持ち込み不可。
  • 試験時間は 5 分程度を基本とします。
  • 教師が生徒に示す模範解答として採点します。

数学から逃げるような先生にならないように!

実施予定日内容等
22017.11.16間接証明法(対偶法、転換法、同一法のいずれか)
12017.10.26背理法

Page Top

line

レポート

レポートはすべて 生徒への模範解答 を念頭に作成すること。

課題内容

レポートテーマ日本数学教育史 (和算を含む) のまとめ
出題日2018.1.11
〆切2018.1.18 3限 授業終了時でした
内容と提出要領 配付資料を参考に以下にリストする用語を織り交ぜて、日本数学教育史をまとめよ。
さらに、このような数学教育の歴史から今後の数学教育を考察し、
あなたが教壇に立ったときどのような心掛けを持つか述べよ。
以上を配付の B5 用紙 2枚に自筆でまとめる。
〆切日に直接手渡しする。

用語リスト 和算、体得的学習、自主学習、求答主義、数学三千題、菊池大麓、
藤沢利喜太郎、数え主義、黒表紙教科書、
形式陶冶、塩野直道、数理思想、緑表紙教科書、遠山啓、水道方式、
水色表紙教科書、自己開発、墨塗り教科書、
全員落第、生活単元学習、デューイ、道具主義、
系統学習、現代化運動、スプートニク・ショック、
ピアジェ、ブルーナー、ディーンズ、CMI・CAI、
落ちこぼれ、小平邦彦、広中平祐、 集合と論理、関数、確率、ゆとり教育、個性化指導要領、厳選指導要領、
学びからの逃走、脱ゆとり
参考ページ 日本数学教育史 資料集

返却後期試験開始時(両面コピーして 1 枚の形)

レポートテーマ立方体の展開図
出題日2017.12.21
〆切2018.1.5 23:59:59でした
内容と提出要領

立方体の展開図を全種類作成せよ。
回転・裏返しによって重なるものどうしは同種類として扱う。

教材 p.16 に定規を使って手書きした画像を 入力フォーム に添付して送信する。
同じ書式であればワードやエクセルで作成して画像に替えてもよい。

  • 種別は『課題提出』
  • 本文には『立方体の展開図』と明記
  • 本文に新年の決意を記述してよい

返却適宜メール返信による

レポートテーマ学習指導案「平方根の導入」
出題日2017.11.16
〆切2017.11.30 23:59:59でした
内容と提出要領

授業で配付した教科書資料 p.34〜p.35 について
学習指導案を作成せよ。
50分の授業時間をすべて使う計画にならなくてよい

指導案の展開は教科書の流れから逸脱せず、特に $\sqrt{2}$ は教科書通りに導出させること。

授業で配付した用紙 1 枚に手書きした画像を 入力フォーム に添付して送信する。
同じ書式であればワードやエクセルで作成して画像に替えてもよい。

  • 種別は『課題提出』
  • 本文には『学習指導案』と明記

返却適宜メール返信による

レポートテーマ自由提出課題: アクティブラーニングと数学の授業
出題日2017.11.2
〆切2017.11.8 23:59:59でした
内容と提出要領

2017年10月28日(土)放送分『先に生まれただけの僕 第3話』を視聴して
鳴海(櫻井翔)の行った数学の授業について批評せよ。
http://cu.ntv.co.jp/sakiboku_03/ (hulu 配信は 11/4 午後9時59分まで)

入力フォーム の本文に 400字以内 にまとめ、 図や数式など必要に応じて配付した用紙 1 枚の画像添付を認める。詳細は授業中の指示に従う。

  • 種別は「課題提出」

返却適宜メール返信による
参考 2017.11.13 更新 学習指導要領改訂の方向性とアクティブ・ラーニング (外部リンク)

レポートテーマ台形の面積公式の導出(補助線マスター)
出題日2017.9.28
〆切2017.10.3 23:59:59でした
内容と提出要領

台形の面積公式を 2 種類以上導出せよ。レア物にボーナス点あり。

提出は〆切までに 入力フォーム から配付用紙に解答した画像を添付送信。

  • 種別は「課題提出」
  • 本文にレポートテーマ『台形の面積公式の導出』と明記の上、感想や今後の意気込み等を記述すること。

返却適宜メール返信による

レポートテーマ演習13 のつづき(自由提出レポート)
出題日2017.9.28
〆切2017.10.3 23:59:59でした
内容と提出要領

演習13 のつづきを作成せよ。『台形の面積公式の導出』レポートのボーナス点扱い。

提出は〆切までに 入力フォーム から配付用紙に解答した画像を添付送信。

  • 種別は「課題提出」
  • 本文にレポートテーマ『演習13 のつづき』と明記の上、感想や今後の意気込み等を記述すること。

返却適宜メール返信による

5210 教職課程演習室の教科書類や資料も活用しましょう。

Page Top

line

教材

ここに講義に関連する教材等をリストしていく予定です。

リンク

平成24年度全国学力・学習状況調査の調査問題(国立教育政策研究所 HP)

新学習指導要領・生きる力(文部科学省 HP)

中学数学・練習問題

高校数学の基本問題

学習指導計画案(大阪産業大版)

Page Top

line

科目紹介

生徒の学力低下→大学生の学力低下→教員の学力低下→生徒の学力低下→・・・
この負のスパイラルを断ち切りたい。

教科書:『指導要領解説』はすぐに使いませんが、 数学教師にとって重要なものなので常時携行しましょう。

講義予定
  • 間接証明法
  • 立方体研究
  • 空間図形の修行
  • 和算
  • 数学マジックと教材開発

講義に関する感想やご意見、質問などを メール で受け付けています。
科目名 ・ 学籍番号 ・ 氏名を明記の上、 お気軽に送信してください。 携帯電話からでも OK です。

Page Top

まだナイショ。(^^;)

Page Top

line

Top